好待遇で働く場合には、資格取得がポイント!

介護職の仕事とは、介護施設において高齢者の身の回りの手伝いをすることです。高齢者は体力の面で若い人と同じように自由に生活することが難しいのです。そうした人々の手助けが、介護の主な仕事になります。具体的には、朝は着替えや洗顔や食事の介助です。昼は食事の介助と併せてレクリエーションの開催などを行い、夜はおむつ交換やナイトケアなどを行います。ナイトケアはあまり聞きなれない言葉ですが、要介護者が就寝するためのお手伝いをすることです。パジャマを着替えるときの手助けをしたり、服薬の準備などに対応をします。

上記のような介護の仕事をするためには、資格はあったほうが望ましいのですが、必要不可欠ではありません。現行の介護保険制度では、無資格でも就業できるということが明記されています。ただし、実際に資格を持っていない未経験者は有資格者に比べると、待遇面はいくらか劣ります。そこで、介護職員初任者研修や介護職員実務者研修といったものを受講することをおすすめします。また、介護福祉士の資格といったさらに高度なものを取得しておくと、待遇はもっと良くなるはずです。

介護に職で採用されれば、高齢者が利用している特別養護老人ホームや有料老人ホームなどで働くことになりますが、こうした施設は小規模な施設から大規模な施設まで様々です。もちろん、雇用条件や実施している介護サービスの内容も異りますので、転職を考えている人は仕事内容をきちんと把握した上でチャレンジしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です